ファッション

「MCM」×「ベイプ」がカプセルコレクションを発売 「MCM」柄とカモ柄が融合

 ドイツ発ライフスタイルブランド「MCM」は「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R)以下、ベイプ)」とコラボレーションし、10月26日にカプセルコレクションを発売する。「MCM」のシグネチャーである“ヴィセトス”柄と「ベイプ」のアイコニックなカモフラージュ柄やサメのモチーフを融合させた。MCM 銀座ハウス 1(MCM GINZA HAUS 1)と公式ECストアで販売する。

 “トラックジャケット”(3万8000円)や“トラックパンツ”(3万8000円)は全てカモフラージュ柄で、ストリートウエアのムーブメントを作り上げてきた両ブランドの1980年代シーンを表現した。バックパック、ラージ・ウオレット、ミニ・ウオレットなどのレザーグッズやアクセサリーにはサメのグラフィックやアニマルのパッチをあしらった。カモフラージュ柄のバックパック(10万6000円)にはゴールドメタルのコラボレーションプレートを施した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら