ファッション

「MCM」×「ベイプ」がカプセルコレクションを発売 「MCM」柄とカモ柄が融合

 ドイツ発ライフスタイルブランド「MCM」は「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R)以下、ベイプ)」とコラボレーションし、10月26日にカプセルコレクションを発売する。「MCM」のシグネチャーである“ヴィセトス”柄と「ベイプ」のアイコニックなカモフラージュ柄やサメのモチーフを融合させた。MCM 銀座ハウス 1(MCM GINZA HAUS 1)と公式ECストアで販売する。

 “トラックジャケット”(3万8000円)や“トラックパンツ”(3万8000円)は全てカモフラージュ柄で、ストリートウエアのムーブメントを作り上げてきた両ブランドの1980年代シーンを表現した。バックパック、ラージ・ウオレット、ミニ・ウオレットなどのレザーグッズやアクセサリーにはサメのグラフィックやアニマルのパッチをあしらった。カモフラージュ柄のバックパック(10万6000円)にはゴールドメタルのコラボレーションプレートを施した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら