ファッション

「アディダス オリジナルス」 × 「ネイバーフッド」 × 「ベイプ」の豪華コラボスニーカーが2モデル登場

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は4月19日、「ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD以下、NBHD)」と「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R)以下、ベイプ)」の日本を代表する2つのストリートブランドを迎えた2モデルのトリプルコラボスニーカーを発売する。ベースとなったのは、昨年デビューしたばかりのスニーカー“P.O.D.システム(P.O.D.SYSTEM)”と、15年のデビューから世界的な人気を誇るスニーカー“NMD”で、東京・原宿の旗艦店アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウと「アディダス」の公式サイトのみで取り扱う。

 “NBHD ベイプ POD 3.1(NBHD BAPE POD 3.1)”(2万6000円)は、アッパーをブラックとホワイトのバイカラー仕様にしただけでなく、全面に「ベイプ」の“エイプ ヘッド”と「NBHD」のスカルマークをプリント。さらに、アッパー外側のスリーストライプスを「ベイプ」のシャークデザインへと大幅にアップデートし、インソールも日本ブランドらしく市松模様風に仕上げた。

 “NBHD ベイプ NMD ステルス(NBHD BAPE NMD STEALTH)”(2万6000円)は、シューレースを覆うフラップに両ブランド名と“東京”の文字を大胆にあしらい、シューレースをマグネットで留める仕様に。アッパー全体は、「NBHD」と「ベイプ」がこの1足のためだけにデザインしたという特徴的なグラフィックパターンに仕上げ、左右両面には差し色として稲妻を想起させるイエローを用いた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら