ファッション

「クロエ」が伊勢丹でポップアップ カスタマイズできる“クロエ C”

 「クロエ」は“クロエ C”を集めたポップアップショップを伊勢丹新宿本店本館1階のザ・ステージで17日まで開いている。

 2018年春夏コレクションで発表された“クロエ C”(13万6000円〜)は四角いフォルムにシグネチャーの“C”を大胆に施したデザインが特徴。今回のポップアップショップでは新色を加えた全7色のバッグを販売する。加えて、“C”パーツ(2万〜6万円)を全10色の中から好きな色にカスタマイズできるサービスも行う。そのほか、サングラスケースから着想を得た“バニティバッグ”(11万1000円〜)も販売する。

 会場には、“C”パーツが並ぶ自動販売機を設置するほか、“C”パーツの組み合わせイメージをデジタルシュミレーションすることができるスペースを設ける。

 また公式LINEアカウント開設を記念して、アカウントを友達登録した来場者限定で、オリジナルモバイルアクセサリーをプレゼントする。公式LINEアカウントでは、最新のファッションショーや新商品、イベントに関するコンテンツを発信していく予定だ。

■“クロエ C” ポップアップブティック
日程:12月11〜17日
場所:伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ
住所:東京都新宿区新宿3-14-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら