ファッション

「ビームス ジャパン 渋谷」の店内公開 赤福、ミズノ、ハチ公などの日本の逸品がいっぱい

 新生・東急プラザ渋谷の2階に12月5日にオープンする「ビームス ジャパン 渋谷(BEAMS JAPAN SHIBUYA)」は3日、オープンに先駆けて店内を公開した。旗艦店の「ビームス ジャパン 新宿」に続く2号店として、日本の魅力を国内外に発信する。和を基調とした内装には、日除けのれんやアーティストのカッズミイダによる風神雷神の天井画などを施している。

 店舗面積は132平方メートル。大型の新宿店に比べると小ぶりだが、新宿店と連動したコンテンツと渋谷店のみのコンテンツの2軸で展開し、国内ブランドや日本各地の企業、自治体とのコラボレーションなど、日本のファッションやカルチャーにこだわった選りすぐりの商品を集める。店内には「ビームス ジャパン」のロゴにハチ公を加えた限定Tシャツや、前回も好評だった「男はつらいよ」とのコラボ企画第2弾、渋谷スクランブル交差点をモチーフにしたグッズ、イラストレーターの永井博が描き下ろしたタワーレコード(TOWER RECORDS)とのコラボTシャツ、井村屋とコラボした「ゴールデンあずきバー」、ベルリン発のメンズオンラインメディア「ハイスノバイエティ(HIGHSNOBIETY)」と「ミズノ(MIZUNO)」のビームス ジャパン渋谷限定のスニーカーなど、ここでしか買えない多彩な商品が並んだ。オープンから3日間限定で特別販売する伊勢の銘菓「赤福」もすでに話題になっているという。

 アパレル類は共通素材を用いたユニセックス提案で、XSサイズから取りそろえる。「チャンピオン(CHAMPION)」などの海外ブランドのモノも「ビームス ジャパン」が別注したここでしか取り扱いの無いものだ。ウィメンズウエアのディレクションを担当した久保田雅也ウィメンズ統括ディレクターは「ほぼ『ビームス ジャパン』限定。一つのアイテムで量を売るというよりも話題作りのできる商品を継続的に仕込んでいく。様子を見ながら今後、より精度を高めていく」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。