ニュース

「コス」2020年春夏はニュートラルカラーでミニマルなデザイン 来春にはECサイトをオープン

 H&Mグループの「コス(COS)」2020年春夏は、引き続きブランドの持ち味であるクリーンでミニマルなアイテムをそろえる。また、20年春には、日本公式オンラインストアを開設する。

 カラーパレットは、エクリュ、ニュートラルカラー、グレーを基調とし、ビビッドなシアン、レッド、マスタードイエロー、インディゴブルーをアクセントとして加える。ウィメンズアイテムはオーバーサイズながらも、体のラインがすっきり見えるシルエットにこだわった。そのほか、隠しポケットを施したドレスやシルクのノースリーブブレザー、ボクサーショーツ、ストレートレッグトラウザー、ドレーピングが印象的なドレスなどを提案する。価格帯はワンピース1万円〜、コート2万円〜。

 メンズのキルテッドジャケットは、ダブルフェイスのコットンを縫い合わせて軽やかな印象。そのほかダブルブレストのジャケットやポプリンシャツ、トレンチコートなどをそろえる。価格帯はパンツ1万円〜、ブルゾン2万円〜、アウター3万円〜。

 H&Mグループ全体での取り組みによって、今季のコットンは全て「BCI(ベター・コットン・イニシアティブ)」認証のものだ。ほかにも植物性の染料を用いた素材などを使用した。

 ウィメンズとメンズ共にアクセサリーを充実させる。今季のキーアイテムとなるのはヘアアクセサリーだ。幾何学的な風景に着想を得たヘッドバンドや丸みを帯びたバレッタなどを用意したほか、ウィメンズとメンズ両方で展開するシンプルなデザインのミュールやトライアングル型のレザーバッグなどをそろえる。