ファッション

「コス」2020年春夏はニュートラルカラーでミニマルなデザイン 来春にはECサイトをオープン

 H&Mグループの「コス(COS)」2020年春夏は、引き続きブランドの持ち味であるクリーンでミニマルなアイテムをそろえる。また、20年春には、日本公式オンラインストアを開設する。

 カラーパレットは、エクリュ、ニュートラルカラー、グレーを基調とし、ビビッドなシアン、レッド、マスタードイエロー、インディゴブルーをアクセントとして加える。ウィメンズアイテムはオーバーサイズながらも、体のラインがすっきり見えるシルエットにこだわった。そのほか、隠しポケットを施したドレスやシルクのノースリーブブレザー、ボクサーショーツ、ストレートレッグトラウザー、ドレーピングが印象的なドレスなどを提案する。価格帯はワンピース1万円〜、コート2万円〜。

 メンズのキルテッドジャケットは、ダブルフェイスのコットンを縫い合わせて軽やかな印象。そのほかダブルブレストのジャケットやポプリンシャツ、トレンチコートなどをそろえる。価格帯はパンツ1万円〜、ブルゾン2万円〜、アウター3万円〜。

 H&Mグループ全体での取り組みによって、今季のコットンは全て「BCI(ベター・コットン・イニシアティブ)」認証のものだ。ほかにも植物性の染料を用いた素材などを使用した。

 ウィメンズとメンズ共にアクセサリーを充実させる。今季のキーアイテムとなるのはヘアアクセサリーだ。幾何学的な風景に着想を得たヘッドバンドや丸みを帯びたバレッタなどを用意したほか、ウィメンズとメンズ両方で展開するシンプルなデザインのミュールやトライアングル型のレザーバッグなどをそろえる。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら