ファッション

アレクサ・チャンが選んだ「ミュウミュウ」のアイテムが青山店に “ミュウミュウ セレクト”レセプションパーティー開催

 「ミュウミュウ(MIU MIU)」は11月22日、新たにスタートしたプロジェクト“ミュウミュウ セレクト(MIU MIU SELECT)”の発売を記念して、カクテルパーティーを東京・青山のミュウミュウ青山店で開催した。

 同プロジェクトは、ホストと呼ばれるタレントを迎え、彼女たちの独自のセンスと視点によって選ばれた「ミュウミュウ」のアイテムを発売するスペシャルコレクション。ロンドンやニューヨーク、モスクワなど世界各地で発表され、東京はモデル兼デザイナーのアレクサ・チャン(Alexa Chung)をホストに迎え、ウエア、バッグ、シューズ、ジュエリー、アイウエアから彼女のセンスで選ばれたオリジナルコレクションをキュレーションしてスペシャルタグを付け、セレクトショップに見立てたディスプレーが店内を彩った。

 パーティー当日はアレクサ本人が来日してホストとなり、emmaやエリーローズ、国木田彩良、堀田茜、田中シェンなど駆けつけたゲストと歓談したり、購入者にはスペシャルタグに直筆サインを施し、来場者との写真撮影にも気軽に応じるなど、終始和やかでリラックスした雰囲気だった。

 世界中を旅しているアレクサ。セレクトしたアイテムについて、「私が好きなものの中から移動するときに最適なものをイメージして選んだわ。私は実用を重んじるイギリス人だから、自分が持っているワードローブにマッチするものしか買わないの。組み合わせ次第でいろいろとスタイリングできるアイテムをそろえたから、思わず複数のアイテムを購入したくなるかもしれないわね(笑)」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら