ファッション

「バブアー」と「アレクサチャン」が初コラボ 第1弾はフェスやアウトドアに最適なワックス加工のアウター

 イギリスの老舗アウトドアブランド「バブアー(BARBOUR)」は、モデルでタレントのアレクサ・チャン(Alexa Chung)がディレクションするブランド「アレクサチャン(ALEXA CHUNG)」とコラボレーションし、第1弾としてアウター2型を6月15日に発売する。価格は8万1000〜9万1000円で、取り扱い店舗は「バブアー」各店。第2弾の発売は10月を予定している。

 今回のコレクションではアレクサが「バブアー」のアーカイブピースをもとにデザインし、伝統や職人技にモダンなエッセンスを加えた。クレイジーパターンや斜めのジップ使いなど遊び心が利いたデザインで、同ブランドの商品の特徴であるワックスドコットンを使用するなど機能性も兼ね備えている。

 イギリスで生まれ育ったアレクサは幼少期から「バブアー」を着用し、イギリス最大の野外フェス「グラストンベリー(Glastonbury)」でも「バブアー」を着た姿がパパラッチされるなど長くブランドに慣れ親しんできた。「私の幸せな思い出のいくつかは『バブアー』と共にありました。(『バブアー』特有の)ワックスの匂いだけで、まるで自分の家にいるような気分になります。『バブアー』は私の子ども時代、そして大人になってからも自分の人生の一部であり、そしてそれがこれからも続いていくことを誇りに思っています」とコメントしている。

 また、ポール・ウィルキンソン(Paul Wilkinson)=「バブアー」グローバル・コミュニケーション&マーケティングディレクターは今回のコラボレーションに関して「非常にうれしく思っています。このコレクションは『バブアー』の伝統と『アレクサチャン』のファッション、スタイル、そしてウイットを組み合わせたもので、フェスやアウトドアライフのための実用的かつ魅力的なスペシャルピースになりました」と述べた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら