ファッション

「エンジニアド ガーメンツ」と「バブアー」のコラボアウターが今秋発売

 鈴木大器デザイナーが手掛けるメンズブランド「エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)」は、2018-19年秋冬コレクションで英国発のアウトドアブランド「バブアー(BARBOUR)」とコラボレーションしたアウターを発表した。

 「バブアー」定番の“ビデイル”の着丈を短くしたブルゾン(5万5000円)をはじめ、「エンジニアド ガーメンツ」のアーカイブをアレンジしたジップパーカ(9万円)、ケープ(6万円)、オーバーパーカ(8万5000円)、フライトジャケット(5万5000円)の全5型はすべて今回のためのオリジナルデザイン。いずれもボリューム感のあるシルエットと、防水オイルがコーティングされた表地の重厚な風合いが特徴だ。カラーは、ブルゾンとジップパーカがブラックとオリーブの2色、ケープとオーバーパーカがブラック、フライトジャケットがオリーブとなる。日本ではネペンテス(NEPENTHES)をはじめ、全国の取扱店で9月に発売予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら