ニュース

「マーチン」が「エンジニアド ガーメンツ」とコラボ アシメントリーな6ホールブーツが登場

 「ドクターマーチン(DR.MARTENS)」と「エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)」の鈴木大器デザイナーがコラボブーツを発売する。17年1月のコラボレーションの成功を受け、「ドクターマーチン」が再び鈴木デザイナーに声をかけた形だ。

 ダレン・マッコイ(Darren McKoy)=ドクターマーチンフットウエア・アクセサリー担当グローバル部門ディレクターは「このコラボレーションではユニークなデザインを通して両ブランドのDNAを融合させた。ストリートウエアとハイエンドな技術の組み合わせによってアイコニックな“チャーチ モンキー ブーツ”を進化させたかったんだ」と語る。

 コラボブーツは、左右でアシンメトリーな素材使いが特徴で、アッパー部分にはペブルドレザーとスエード素材を使用。5ホールが「ドクターマーチン」の定番だが、同ブーツは6ホールとなっている。オックス・ブラッドとブラックの2色展開で、価格は225ドル(約2万5000円)だ。快適な履き心地を実現する「エアウェア(AIRWAIR)」と共同開発した中敷付き。12月16日、ニューヨークと日本のネペンテス(NEPENTHES)、および提携セレクトショップで発売した。

 マッコイ=ディレクターによると、「ドクターマーチン」のコラボレーションの目的は、ブランドのDNAを新しい顧客に紹介することにあるという。「『ドクターマーチン』はこれまで、さまざまな顧客によって発展してきた。『ドクターマーチン』の靴を履く人は、それぞれ独自のスタイルで履きこなす。今シーズンは多様な商品を用意することであらゆる人々の需要に応えた。ブランドのバックグラウンドをつかみ、それを今後顧客となる新しい世代のためにあらためて解釈し直す。われわれは『ドクターマーチン』のDNAと新たなブランドモデルのバランスをとりながら、移り変わる時代に合わせていく」と述べた。

最新号紹介

WWD JAPAN

求ム!次世代D2Cブランド アメリ、サティス製薬、ファブリックトウキョウなど有力企業のキーパーソンが語る「D2Cブランドの作り方」

「WWDジャパン」9月14日号は、「次世代D2Cブランドの作り方」特集です。「アメリ(AMERI)」「ファブリックトウキョウ(FABRIC TOKYO)」「オブジェクツアイオー(OBJECTS.IO)」「メデュラ(MEDULLA)」など、ファッションとビューティ業界の日本を代表する有力D2Cブランドの創業者たちが、ブランドの立ち上げから運営、ブランドの今後までを惜しげもなく公開。側面からブランドを…

詳細/購入はこちら