ファッション

「マーチン」が「エンジニアド ガーメンツ」とコラボ アシメントリーな6ホールブーツが登場

 「ドクターマーチン(DR.MARTENS)」と「エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)」の鈴木大器デザイナーがコラボブーツを発売する。17年1月のコラボレーションの成功を受け、「ドクターマーチン」が再び鈴木デザイナーに声をかけた形だ。

 ダレン・マッコイ(Darren McKoy)=ドクターマーチンフットウエア・アクセサリー担当グローバル部門ディレクターは「このコラボレーションではユニークなデザインを通して両ブランドのDNAを融合させた。ストリートウエアとハイエンドな技術の組み合わせによってアイコニックな“チャーチ モンキー ブーツ”を進化させたかったんだ」と語る。

 コラボブーツは、左右でアシンメトリーな素材使いが特徴で、アッパー部分にはペブルドレザーとスエード素材を使用。5ホールが「ドクターマーチン」の定番だが、同ブーツは6ホールとなっている。オックス・ブラッドとブラックの2色展開で、価格は225ドル(約2万5000円)だ。快適な履き心地を実現する「エアウェア(AIRWAIR)」と共同開発した中敷付き。12月16日、ニューヨークと日本のネペンテス(NEPENTHES)、および提携セレクトショップで発売した。

 マッコイ=ディレクターによると、「ドクターマーチン」のコラボレーションの目的は、ブランドのDNAを新しい顧客に紹介することにあるという。「『ドクターマーチン』はこれまで、さまざまな顧客によって発展してきた。『ドクターマーチン』の靴を履く人は、それぞれ独自のスタイルで履きこなす。今シーズンは多様な商品を用意することであらゆる人々の需要に応えた。ブランドのバックグラウンドをつかみ、それを今後顧客となる新しい世代のためにあらためて解釈し直す。われわれは『ドクターマーチン』のDNAと新たなブランドモデルのバランスをとりながら、移り変わる時代に合わせていく」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。