ファッション

大丸松坂屋が傘のシェアリングサービスでビニール傘廃棄量削減に取り組む

 大丸松坂屋百貨店は6月12日から傘のシェアリングサービス「アイカサ」を開始する。「アイカサ」公式サイトからLINEの友だち登録をした人に、傘に付いているロック解除番号が通知される仕組みだ。使用後は東京・上野に約50カ所設付した返却場所に返却する。使用料は1本24時間ごとに70円で1カ月最大420円。アプリまたはクレジットカードで支払える。

 日本では年間1.3億本の傘が消費されており、その消費量は世界一多いと言われている。同百貨店はこのサービスで日本のビニール傘廃棄量削減に取り組む。デザインは東京藝術大学の学生が手がけ、外側にはパンダ、内側には上野の観光名所をプリントした。

 大丸松坂屋百貨店では6月を環境月間と定め、自転車やモバイルバッテリーのシェアリングサービスを行なっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。