ファッション

大丸松坂屋が傘のシェアリングサービスでビニール傘廃棄量削減に取り組む

 大丸松坂屋百貨店は6月12日から傘のシェアリングサービス「アイカサ」を開始する。「アイカサ」公式サイトからLINEの友だち登録をした人に、傘に付いているロック解除番号が通知される仕組みだ。使用後は東京・上野に約50カ所設付した返却場所に返却する。使用料は1本24時間ごとに70円で1カ月最大420円。アプリまたはクレジットカードで支払える。

 日本では年間1.3億本の傘が消費されており、その消費量は世界一多いと言われている。同百貨店はこのサービスで日本のビニール傘廃棄量削減に取り組む。デザインは東京藝術大学の学生が手がけ、外側にはパンダ、内側には上野の観光名所をプリントした。

 大丸松坂屋百貨店では6月を環境月間と定め、自転車やモバイルバッテリーのシェアリングサービスを行なっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら