ビジネス

百貨店5月度は初夏物の衣料品が苦戦 大型連休の効果は限定的

 百貨店大手5社の5月度の売上高(既存店ベース)は、三越伊勢丹が前年同月比1.8%減、高島屋が同0.1%減、大丸松坂屋百貨店が同1.1%増、そごう・西武が前年同月並み、阪急阪神百貨店が同0.2%増だった。改元に伴う大型連休によって前年同月に比べて土日・祝日が2日多かったにも関わらず、低調で終わった。引き続きボリュームの衣料品が足を引っ張っており、前半の低温で初夏物の動きが鈍った。

 衣料品に関しては各社とも後半は気温の上昇に伴ってワンピースの販売が上向いたものの、前半の苦戦をカバーするほどではなかった。婦人服では高島屋が同4.1%減、大丸松坂屋が売り場の集約もあって同4.6%減、三越伊勢丹の基幹3店舗(伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店)が同0.7%減だった。そごう・西武はワンピースなどのけん引で前年実績をクリアした。

 引き続きインバウンド(訪日客)と国内富裕層の消費は旺盛だ。大丸松坂屋の免税売上高は同23%増と高い伸び率を維持した。阪急本店(阪急うめだ本店、阪急メンズ大阪)も免税売上高は同11%増で、ジュエリーや海外ブランドのバッグ、化粧品がよく売れている。そごう・西武では時計が2ケタ伸長となった。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら