ファッション

ラルフ・ローレンの着こなしを再現した“ポロベア ウォッチコレクション”

 「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」は、“ポロベア ウォッチコレクション”の新作を11月18日に発売した。スイス製ムーブメントを搭載した機械式自動巻きで、価格は22万円と24万5000円。ケース径はいずれも42mmで、ラルフ・ローレン本人のスタイリングをイラストで再現した“ポロベア”をダイヤル中央にレイアウトしている。旗艦店である「ラルフ ローレン」表参道をはじめとする一部の店舗、および阪急メンズ大阪などの百貨店で販売している。

 ツイードのスポーツジャケットにジョッパーズパンツをはいた“ベッドフォードベア”は、ニューヨーク州ベッドフォードにある自宅でリラックスするラルフ本人をイメージしたもので、デニムジャケットにジーンズ、星条旗柄のタートルネックセーターを着た“デニムフラッグベア”は、ラルフが所有するコロラド州の牧場で撮影された1989年の広告写真にインスピレーションを受けたもの。“タキシードベア”はダブルブレストのタキシードに味の出たジーンズ、スチールチップブーツというラルフらしい着こなしを表現したものだ。

 ベルトにもこだわり、“ベッドフォードベア”はシルク素材のタータンチェックとタンレザー、“デニムフラッグベア”はビンテージ加工のデニムとタンレザーをセットにし、“タキシードベア”には黒のアリゲーターを採用した。

 「ポロ ラルフ ローレン」の時計を手掛けるラルフ ローレン ウォッチ & ファインジュエリー(RALPH LAUREN WATCHES AND FINE JEWELRY)は、2008年にラルフ ローレンとコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT)の50%ずつの出資により設立された。この資本関係は18年に解消された。

 “ポロベア”は、ドイツの高級ぬいぐるみブランド「シュタイフ(STEIFF)」が91 年に200 個限定で製作したクマのぬいぐるみが起源。ラルフ ローレンは、「ポロ ラルフ ローレン」を中心にセーターやTシャツ、ネクタイなど、さまざまなアイテムにプリントや刺しゅう、パッチで“ポロベア”を登場させている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら