ファッション

ラルフ・ローレンの着こなしを再現した“ポロベア ウォッチコレクション”

 「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」は、“ポロベア ウォッチコレクション”の新作を11月18日に発売した。スイス製ムーブメントを搭載した機械式自動巻きで、価格は22万円と24万5000円。ケース径はいずれも42mmで、ラルフ・ローレン本人のスタイリングをイラストで再現した“ポロベア”をダイヤル中央にレイアウトしている。旗艦店である「ラルフ ローレン」表参道をはじめとする一部の店舗、および阪急メンズ大阪などの百貨店で販売している。

 ツイードのスポーツジャケットにジョッパーズパンツをはいた“ベッドフォードベア”は、ニューヨーク州ベッドフォードにある自宅でリラックスするラルフ本人をイメージしたもので、デニムジャケットにジーンズ、星条旗柄のタートルネックセーターを着た“デニムフラッグベア”は、ラルフが所有するコロラド州の牧場で撮影された1989年の広告写真にインスピレーションを受けたもの。“タキシードベア”はダブルブレストのタキシードに味の出たジーンズ、スチールチップブーツというラルフらしい着こなしを表現したものだ。

 ベルトにもこだわり、“ベッドフォードベア”はシルク素材のタータンチェックとタンレザー、“デニムフラッグベア”はビンテージ加工のデニムとタンレザーをセットにし、“タキシードベア”には黒のアリゲーターを採用した。

 「ポロ ラルフ ローレン」の時計を手掛けるラルフ ローレン ウォッチ & ファインジュエリー(RALPH LAUREN WATCHES AND FINE JEWELRY)は、2008年にラルフ ローレンとコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT)の50%ずつの出資により設立された。この資本関係は18年に解消された。

 “ポロベア”は、ドイツの高級ぬいぐるみブランド「シュタイフ(STEIFF)」が91 年に200 個限定で製作したクマのぬいぐるみが起源。ラルフ ローレンは、「ポロ ラルフ ローレン」を中心にセーターやTシャツ、ネクタイなど、さまざまなアイテムにプリントや刺しゅう、パッチで“ポロベア”を登場させている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。