ファッション

「ポロ ラルフ ローレン」が“ポニー”が主役の時計を発売

 「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」は、このほどウオッチコレクションの新作を発売した。スイス製ムーブメントを搭載した機械式自動巻きでケース径は42mm、価格は18万4000〜21万8000円だ。最大の特徴は、ラッカー仕上げのダイヤルの上にシグネチャーエンブレム(通称“ポニー”)を大胆に配していることで、“ポニー”を時計に採用するのはこれが初めて。複数の色の層で3Dプリントして絵画調に見せている。

 これまでのウオッチコレクション同様、ファッションブランドらしくベルトにもこだわった。今作ではステンレススチール製ブレスレットや繊細なシボ加工を施したレザーストラップのほか、コットンマドラス製ストラップや“POLO SPORT”の文字をレザーにプリントした90年代風のストラップをそろえる。ストラップは3万~7万8000円で別売りもする。

 ポロ選手が馬上でマレットを振り上げた瞬間をとらえた“ポニー”は、1972 年に初めてポロシャツの胸元に採用された。デザイナーのラルフ・ローレンは、「このシンボルには魔法のような、何か特別な力がある」と話す。また「“ミスター”(ラルフ・ローレン)はウオッチコレクションに並々ならぬ情熱を持つ」(プレス担当者)とのことで、40~50代の男性ファンを中心に人気を集めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら