ファッション

90年代のストリートで人気を博した“ポロ スポーツ”が復活  2つの限定コレクションを発表

 「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」は、“ポロ スポーツ コレクション(PORO SPORT COLLECTION)”を復活させ、“ポロ スポーツ デニム(PORO SPORT DENIM)”と“ポロ スポーツ シルバー(PORO SPORT SILVER)”の2つの限定コレクションを5月31日に発売する。「ポロ」アプリと「ポロ ラルフローレン」キャットストリート店をはじめとする一部の直営店などで販売する。それぞれのコレクションは、“ポロ スポーツ”オリジナルのアイテムと過去のアイコニックなデザインを新たにアップデートしたアイテムのみで構成した。

 “ポロ スポーツ デニム”からは、メンズとウィメンズを対象にクラシックなキャップ、ダンガリージャケット、ユーティリティージーンズ、ウィメンズ用のボーイフレンドショーツをそろえる。素材は全て100%コットンデニムを使用した。価格帯は8000〜5万1000円。

“ポロ スポーツ シルバー”はメンズのみのコレクションで、アウターやパンツ、アクセサリーをそろえる。“ポロ スポーツ シルバージャケット”や“ファニーパック”などのアイテムはオリジナルを忠実に再現し、そのほかのアイテムはオリジナルのデザインを現代的なスポーツスタイルに進化させた。価格帯は1万6000〜7万7000円。

 1992年に発表された“ポロ スポーツ”は、ラグジュアリーファッションブランドが初めて導入したスポーツウエアのトータルラインだ。デザイナーのラルフ・ローレンは、ライフスタイルを追求する中で健康やフィットネスの持つ重要性を認識し、機能性だけでなく、スポーツマインドと結びついた服を作り出した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら