ファッション

「ラルフローレン」が全米オープンに合わせてカスタマイズイベントを開催中

 全米オープンテニスの公式スポンサーを務める「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」は、9月10日までの全米オープン期間中にポロシャツのカスタマイズイベントを開催中だ。

 同イベントは全米オープンテニス会場にある「ポロ ラルフ ローレン」の店舗限定で、メンズ、ウィメンズ、キッズの3ラインを展開。価格は59.50~98.50ドル(約6000~1万円)。特別にデザインされたグラフィックの中から好きな絵柄を選び、自分の名前やイニシャルを入れることもできる。グラフィックの中には、ボールパーソンの公式ユニフォームを着た「ポロ ベアー」や、ポロ ラルフローレンの基金「ピンクポニーファンド」へ収益全額が寄付される“Love”のデザインなどがある。

 ポロシャツが完成すると、購入者にメールで通知される。また、購入者がスイート席で観戦する場合は、席まで届けてくれるサービスもある。

 「ポロ ラルフ ローレン」は2005年から全米オープンテニスの公式ユニフォームを担当しており、関係者全員のユニフォームデザインを手掛ける他、全米オープンコレクションと称してアパレルやアクセサリーの特別コレクションも展開する。

 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら