ファッション

「ラルフローレン」が全米オープンに合わせてカスタマイズイベントを開催中

 全米オープンテニスの公式スポンサーを務める「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」は、9月10日までの全米オープン期間中にポロシャツのカスタマイズイベントを開催中だ。

 同イベントは全米オープンテニス会場にある「ポロ ラルフ ローレン」の店舗限定で、メンズ、ウィメンズ、キッズの3ラインを展開。価格は59.50~98.50ドル(約6000~1万円)。特別にデザインされたグラフィックの中から好きな絵柄を選び、自分の名前やイニシャルを入れることもできる。グラフィックの中には、ボールパーソンの公式ユニフォームを着た「ポロ ベアー」や、ポロ ラルフローレンの基金「ピンクポニーファンド」へ収益全額が寄付される“Love”のデザインなどがある。

 ポロシャツが完成すると、購入者にメールで通知される。また、購入者がスイート席で観戦する場合は、席まで届けてくれるサービスもある。

 「ポロ ラルフ ローレン」は2005年から全米オープンテニスの公式ユニフォームを担当しており、関係者全員のユニフォームデザインを手掛ける他、全米オープンコレクションと称してアパレルやアクセサリーの特別コレクションも展開する。

 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。