ファッション

「アディダス」からファレル・ウィリアムス監修のテニスコレクション登場

 「アディダス(ADIDAS)」は8月21日、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)監修のテニスコレクション“アディダス テニス コレクション バイ ファレル・ウィリアムス”を世界同時発売した。“70年代のテニス界のスーパースターたち”からインスピレーションを得て、鮮やかなカラーリングが目を引くコレクションとなっている。ラインアップは、テニスのゲームドレス(1万4040円、以下税込)やポロシャツ(9169円)などのアパレルをはじめ、キャップ(3229円)やリストバンド(2149円)といったアクセサリー、“バリケード(BARRICADE)”と“ウーバーソニック(UBERSONIC)”のフットウエア(1万7280~2万520円)をそろえる。「アディダス」の公式オンラインストアや旗艦店、および全国の取り扱い店舗で販売中だ。

 同コレクションはキャンペーンビジュアルに、ドイツ出身の女子プロテニス選手で元世界チャンピオンのアンゲリク・ケルバー(Angelique Kerber)と、オーストリア出身で次期世界チャンピオンと目される若手男子プロテニス選手のドミニク・ティエム(Dominic Thiem)を起用。ケルバーとティエムは28日から始まる「全米オープンテニス2017」で、同コレクションを着用しての出場を予定している。

 また、31日には「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」から追加コレクションが発売される予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら