ニュース

「ジーユー」が従来の4倍の超大型のデジタルストアをオープンへ

 「ジーユー(GU)」は9月15日、従来の標準店舗(約660平方メートル)の4倍となる、売り場面積約2700平方メートの過去最大店舗を横浜港北ノースポート・モールにオープンする。RFID(無線電子タグ)を活用した“オシャレナビ・カート”と“オシャレナビ・ミラー”のサービスを導入するなど、テクノロジーを駆使したファッションデジタルストア化を志向。さらに、商品を従来の標準店の2倍に増強する。店舗にない商品を、店舗、または自宅に取り寄せるサービスも導入する。

 “オシャレナビ・カート”は、スーパーなどでも使われているショッピングカートにRFIDセンサー付きのモニターを搭載。センサーに商品を近づけると、商品情報や、モデルや一般人などの商品着用コーディネート写真が1000種類表示可能で、購入者の商品レビュー、色・サイズ別の商品展開と在庫状況が表示されるというもの。売り場を回っていると、ビーコン(発信機)から発信される、オススメ商品やプロのスタイリストのコーディネート情報が表示されるというものだ。“オシャレナビ・ミラー”は、通常は鏡だが、RFIDセンサーが付いており、商品をかざすと、コーディネートや購入者レビューが表示されるというもの。

 店頭のデジタルサイネージでトレンドのスタイリングやアイテムの訴求や、約半数の店舗に導入しているセルフレジも導入する。ちなみに、セルフレジでは精算所要時間が最大約3分の1に短縮できることや、体験型の面白さもあり、有人レジでの会計の必要性がある客(商業施設独自のポイントカード保有者や、駐車券対応、免税対応など)以外はほとんどがセルフレジを活用しているという。

 商品については、これまでガウチョやスカンツ、パラッツォパンツなど単品訴求を行ってきたが、トレンドの的中率を上げるために、ファッションテーマごとにスタイリング提案にシフトする。柚木治ジーユー社長は、「トレンド商品なら『ジーユー』に行けばあると思ってもらえるように品ぞろえの幅を広げる。マネキンも従来15体ぐらいだったものを200体に増やしたり、新什器の導入や、VMDの強化などで、ファッショントレンドを分かりやすく魅力的に表現していく」と語る。

 さらに、「来店前に勝負は半分ついている」と考えるほど「来店前の情報提供が重要だ」と指摘。アプリやSNS、デジタルチラシなど情報発信も強化する。

 横浜ノースポート・モール店は実験的な位置付けで、現状では2号店以降の出店計画は未定だ。だが、「生活者に近いところで成功すれば、全国に広げられる。海外でも可能性はある」として、進化させ、将来的に多店舗化していくことも視野に入れている。