ファッション

「マンU」や「レアル」「ACミラン」ら強豪6チームのユニホームをサポーターがデザイン

 アディダス(ADIDAS)は7月21日、サポーターが贔屓のフットボールクラブのユニホームをデザインすることができる一般公募のプラットフォーム「フットボール クリエイター スタジオ(Football Creator Studio)」のファン投票の結果を発表をした。公募したデザインはクラブの2017-18シーズンの3rdユニホーム。ホーム用とアウェイ用のどちらでもない商業的な意味の強いユニホームだが、実際に選手も試合中に着用する予定だ。

 参加したのは、イングランドの「マンチェスター・ユナイテッドFC(MANCHESTER UNITED FC)」、スペインの「レアル・マドリードCF(REAL MADRID CF)」、イタリアの「ACミラン(AC MILAN)」と「ユヴェントスFC(JUVENTUS FC)」、ドイツの「FCバイエルン・ミュンヘン(FC BAYERN MUNCHEN)」、ブラジルの「CRフラミンゴ(CR FLAMENG)」といった世界を代表する強豪6クラブ。それぞれのイメージビジュアルには、「レアル・マドリードCF」は世界最速のドリブラーでエースのガレス・ベイル(Gareth Bale)を、「マンチェスター・ユナイテッドFC」は週給約4000万円の“史上最高額男”のポール・ポグバ(Paul Pogba)が登場するなど、クラブを代表する所属選手が起用されている。

 価格は全て9990円で、「アディダス」および各クラブの公式オンラインストアで販売中だ。なお、「ACミラン」は発売日が未定で、「CRフラミンゴ」は日本での取り扱いはない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら