ビジネス

破綻バーニーズで知っておきたい3つのこと

有料会員限定記事

 経営破綻した米バーニーズ ニューヨーク(以下、バーニーズ)の売却先が米ブランド管理会社オーセンティック・ブランズ・グループ(以下、ABG)に決定した。売却額は2億7100万ドル(約292億円)。1982年にバーニー・プレスマンが創業したアメリカを代表するスペシャリティーストアは2度目の破綻を経て、大きく変化する。なぜバーニーズは破綻したのか?そして今後どうなるのか?さらに新たな親会社ABGについて解説する。(この記事はWWDジャパン2019年11月11日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り3309⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら