ニュース

バロック19年3~8月期は夏物不振もプロパー販売注力で増益 課題は6.6%減のEC

 バロックジャパンリミテッドの2019年3~8月期連結業績は売上高が312億円、営業利益が20億円、純利益が12億円だった。同社は前期に決算期を1月期から2月期に変更し、18年2月~19年2月までの13カ月決算となった。参考として、当期実績を18年3月~8月と比較すると、売上高は前期比2.8%減、営業利益が同18.3%増、純利益は同35.4%増だった。

 ECを含む国内既存店の売上高は同2.1%減。夏に低気温が続いたことにより夏物の販売不振やセールの長期化が減収要因となった。「アズール バイ マウジー(AZUL BY MOUSSY)」など主力のSCチャネルの売上高が同3.9%減、「マウジー(MOUSSY)」などのファッションビル・駅ビルチャネルも同4.7%減と苦戦した。ただし、「3~5月は好調だった」(村井博之社長)ことから3~8月を通すと増益となった。春物のプロパー販売注力による粗利率の改善、販管費の抑制が寄与した。

 他社ECが軒並み2ケタ成長を続ける中、国内EC単体の売上高が同6.6%減となった。18年9月の安室奈美恵の引退に因んだ「スライ(SLY)」の“ベビドンコート”の復刻版のようなヒット品番を作れなかったことに加え、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」の「ゾゾアリガト」サービス開始に伴い在庫を引いたことなどが影響した。村井社長は、「当社は実力のある販売員が多く在籍し、店舗で売れるあまり、ECを軽視してきてしまった。また、グローバルなECの基幹システムを作るための投資、ベンダーの選定に足踏みをしているうちに、利便性の改良が後手に回っていた」と反省。ECの導入からこれまでを「失われた10年」と形容し、「これまでの自社EC第一主義を改める。体制変更となったZOZOやファッション販売を強化する楽天などの活用策も模索していく」とした。

 靴小売のベル・インターナショナルと合弁で運営する中国事業は同5.9%増。「日本と現地で流行ファッションのタイムラグがなくなりつつある」(村井社長)ことから日本企画商品を増やす施策が奏功した。

 下期も引き続き、アウターなど秋冬物の適時適量の投入によるプロパー販売に注力する。一部ブランドでは人工知能(AI)によるMD支援システムなども試験導入する。また、サステイナブルな商品企画にも本腰を入れ、19~20年秋冬のダウンジャケット商品の8割に、国内ふとんメーカーなどから調達したリサイクルダウンを使用する。自社ECと店舗の在庫一元化を進め、EC在庫の店舗決済などのシステムも導入する。

 中国事業では販売商品の日本企画比率を商品構成の9割にまで高める。米国で好調の高級デニムライン“マウジー ビンテージ(MOUSSY VINTAGE)”に加え、「エンフォルド(ENFOLD)」は海外3都市でのポップアップストア(8月~11月)を皮切りに海外卸を強化する。

 20年2月期の業績予想は、売上高679億円、営業利益46億円、純利益28億円で据え置く。