ファッション

「ロジェ ヴィヴィエ」が松屋銀座でポップアップ 架空の映画館を表現

 パリのアクセサリーメゾン「ロジェ ヴィヴィエ(ROGER VIVIER)」は9月24〜30日、東京・松屋銀座1階のスペース・オブ・ギンザで新作アイテムを取りそろえたポップアップイベント「シネマ ヴィヴィエ(CINEMA VIVIER)」を開催する。

 “ロジェ ヴィヴィエの白昼夢”がテーマの2019-20年秋冬コレクションの中から、トラッドなタータンモチーフをあしらったブーツ(23万6000円)やパンプス(20万3000円)、ミニバッグ(23万3000円)などをそろえる。全て松屋銀座で先行発売。

 会場はゲラルド・フェローニ(Gherardo Felloni)=クリエイティブ・ディレクターが描く白昼夢を着想源に、架空の映画館を表現した。フェローニが監修したショートフィルムを上映するほか、映画の主役気分が味わえる撮影ブースを設けた。

 加えて、松屋銀座のショーウィンドーでも「シネマ ヴィヴィエ」の世界観を表現したプレゼンテーションが行われている。

◼︎シネマ ヴィヴィエ
日程:2019年9月24〜30日
場所:松屋銀座1階 スペース・オブ・ギンザ
住所:東京都中央区銀座3-6-1

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら