ファッション

「ロジェ ヴィヴィエ」が松屋銀座でポップアップ 架空の映画館を表現

 パリのアクセサリーメゾン「ロジェ ヴィヴィエ(ROGER VIVIER)」は9月24〜30日、東京・松屋銀座1階のスペース・オブ・ギンザで新作アイテムを取りそろえたポップアップイベント「シネマ ヴィヴィエ(CINEMA VIVIER)」を開催する。

 “ロジェ ヴィヴィエの白昼夢”がテーマの2019-20年秋冬コレクションの中から、トラッドなタータンモチーフをあしらったブーツ(23万6000円)やパンプス(20万3000円)、ミニバッグ(23万3000円)などをそろえる。全て松屋銀座で先行発売。

 会場はゲラルド・フェローニ(Gherardo Felloni)=クリエイティブ・ディレクターが描く白昼夢を着想源に、架空の映画館を表現した。フェローニが監修したショートフィルムを上映するほか、映画の主役気分が味わえる撮影ブースを設けた。

 加えて、松屋銀座のショーウィンドーでも「シネマ ヴィヴィエ」の世界観を表現したプレゼンテーションが行われている。

◼︎シネマ ヴィヴィエ
日程:2019年9月24〜30日
場所:松屋銀座1階 スペース・オブ・ギンザ
住所:東京都中央区銀座3-6-1

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら