フォーカス

「“モード”は時代を反映する面と、時代を作る面の両方がある」by三木均リシュモンジャパン社長 連載「モードって何?」Vol.9

【#モードって何?】きっかけは読者から編集部に届いた質問「つまるところ、モードって何ですか?」だった。この素朴な疑問に答えを出すべく、「WWD ジャパン」9月16日号では特集「モードって何?」を企画し、デザイナーやバイヤー、経営者、学者など約30人にこの質問を投げかけた。答えは予想以上に多岐にわたり、各人のファッションに対する姿勢や思い、さらには現代社会とファッションの関係をも浮き彫りにするものとなっている。本ウエブ連載ではその一部を紹介。今回は三木均リシュモンジャパン社長に聞く。

WWD:“モード”とは何でしょうか?

三木均リシュモンジャパン社長:モードは、時代を反映する面と、時代を作る面の両方がある。ひとつの例が、自分も関わった(当時はクロエ日本法人の社長)フィービー・フィロ(当時の呼称、Phoebe Philo)による「クロエ(CHLOE)」だろう。フィービーは「クロエ」でファッションショーの在り方を根底から変えて“、リアルクローズ”という言葉を生み出した。それ以前はランウエイで見せる服と、ショールームや店頭で見せる服は違うことが当たり前だったが、フィービーの「クロエ」では、ランウエイでモデルが着た服を誰でも街で着ることができた。2000年代に入った頃のことで、時代の要請がありファッションも変わったとも言える。

「#モードって何?」をもっと見る