ニュース

人々の創造性を刺激する 日本最大規模のアップル丸の内を大公開

 アップル(APPLE)は9月7日のアップル丸の内オープンに先駆け9月5日、関係者に店舗を公開した。国内9店舗目にして最大規模となる同店は2フロア構成で、特製のアルミとガラスを組み合わせたショーウインドウを周囲に張り巡らせた外観と、ウインドウの周囲に沿うように日本産の竹を配置した和風な内装のデザインが特徴的だ。1階にはアップル製品のほか、各種アクセサリーをそろえ、2階では同社製品の技術サポートを行う「ジーニアス バー(GENIUS BAR)」を設置する。

 1階の中央には、スクリーンを設置したスペース“フォーラム”を設け、さまざまなジャンルのクリエイターたちを招いたワークショップ「Today at Apple」を毎日実施。アートや写真、音楽、フィットネスの各分野で活躍する日本人クリエイターたちが創作のプロセスを参加者に伝える「トウキョウ クリエイティブ ギルド」や、AR(拡張現実)のインスタレーションを体感できる「[AR]T」などが行われる。1階にはそのほか、事業としてアプリケーション開発に取り組む企業にアップル丸の内専任のビジネスチームがアドバイスを行う“ボードルーム”も用意する。

 アップル直営店を担当するデニー・トゥーザ(Denny Tuza)シニアマーケットディレクターは「アメリカ以外の国で初めて直営店をオープンしたのが銀座店だったように、日本はアップルにとって非常に重要なエリアだ。東京エリアにおける5番目の直営店となるアップル丸の内のオープンは、以前発表した直営店の大規模な拡大の一環だ。われわれは過去18カ月にわたり、新宿店、京都店、そして丸の内と3店舗をオープンしたが、この数は日本が世界で一番多い。さらに、現在改装中の表参道店や、今月末に移転オープン予定の福岡店のほか、年内に別の新店オープンも予定している」と今後の出店構想について語った。

■Apple丸の内
時間:10:00~21:00
住所:東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル