ビジネス

アップル新宿がお披露目、活気あふれる“街の広場”目指す

 アップル(APPLE)が4月7日、新宿の丸井本館ビル1階に国内8店舗目となるアップルストア新宿(AppleStore Shinjuku)をオープンする。これまでの店舗同様、37mの巨大なガラスで店舗を覆い、外と中がつながって見えるようなデザインを採用した。店内中央にはスクリーンを設置し、“フォーラム”と呼ばれる、ワークショップのためのスペースとした。“街の広場”となることを目指し、店内には充電・作業のためのデスクを用意。自身が持ち込んだパソコンなどを使って作業ができる。壁面にはたくさんのアクセサリーを用意し、店内のいたるところにトライアルのための90以上のデバイスを設置した。

 他店舗同様、アートやデザイン、プログラミングなどのワークショップも毎日開催する。まずはiPhoneを使った新宿の夜景撮影や、ロボットのプログラミングといったイベントを予定。オープンを記念して、日本の伝統にインスパイアされた自分だけの“紋”を制作するワークショップも全国の店舗で一斉開催する。また、子どもや教師、起業家など、特定の分野に特化したワークショップも実施予定だ。

 「日本はアップルにとって大切な国で、2003年にはアメリカ国外で初めてとなる銀座店をオープンした。新宿は独創性を持つ活気あふれた街。いろんな人が集まり、つながり、学ぶためのインスピレーションを得られる場所でありたい」と同社。

 オープン当日は午前10時の開店を予定し、当日は来場者にオリジナルTシャツを配るという。なお、伊勢丹新宿本店内にある“アップル ウォッチ”の店舗も引き続き運営をする。また、今後5年をかけて国内でいくつかの新店舗をオープン予定であることも明かした。

■Apple Store Shinjuku
時間:10:00~21:00
場所:新宿丸井本館ビル
住所:東京都新宿区新宿3-30-13

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら