ファッション

三陽商会の初アウトドアブランドの直営店が駐車場内にオープン

 三陽商会は2018年春夏からスタートしたアウトドアブランド「ファイブレイクス&エムティー(5LAKES & MT)」の直営1店舗目を河口湖オルゴールの森美術館の駐車場にオープンした。初年度の売り上げは2000万円を目標とする。店舗面積は40平方メートル。

 同ショップはトレーラーハウスを活用し、天井や壁、床、デッキを木材でログハウス調に仕上げた。富士五湖でカヌーやトレイル、ベースキャンプなどのアウトドアライフを実践している木村東吉が運営する。アイテムは、アウター(1万3000〜4万9000円)やカットソー(3500〜1万1800円)、シューズ(7200〜9200円)、バッグ(1200〜1万5000円)などを用意する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら