ビジネス

三陽商会、今期営業黒字へ 「バーバリー」ショックは癒えた?

 三陽商会の2017年12月期連結業績は、本業のもうけを示す営業損益が19億円の赤字(前期は84億円の赤字)だった。ブランド撤退による販管費削減、在庫コントールによる評価損・処分損の削減などによって赤字幅は大幅に縮小。15年の「バーバリー(BURBERRY)」ライセンス事業の終了後、営業赤字に沈んでいたが、今期(18年12月期)の黒字化にめどをつけた。

 売上高は前期比7.5%減の625億円。不採算・低収益の289店舗を閉鎖したため減収になったが、在庫コントールによって粗利益率は4.8ポイントも改善したため、赤字幅は大きく改善された。広告宣伝費や物流委託費などのコスト削減も貢献した。純損益は10億円の赤字(前期は113億円の赤字)だった。

 今期は売上高630億円、営業利益5000万円と3期ぶりの営業黒字を計画する。5日に発表した東京・青山の自社ビルの譲渡益33億円が特別利益として計上するため、純利益は25億円の見通し。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら