ビジネス

三陽商会1~6月期は損失幅が縮小

 三陽商会の2017年1~6月期は、売上高が前年同期比6.6%減の318億円、営業損益が16億円の赤字(前年同期は58億円の赤字)、経常損益が17億円の赤字(同57億円の赤字)、純損益が2億1100万円の赤字(同54億円の赤字)だった。構造改革の推進により、ブランドの廃止、不採算店舗の撤退などを行ったことで売上高が減少。一方で、粗利益率の改善および販管費の削減を進めた結果、利益面では改善した。

 上期は2月末で、4ブランド5ライン(「ポール・スチュアート スポーツ(PAUL STUART SPORT)」「バンベール(VINVERT)」バンベール(VINVERT)」「アレグリ(ALLEGRI)」「フランコ・プリンツィバァリー(FRANCO PRINZIVALLI)」を終了。全社売上高は、紳士、婦人共に冬の防寒衣料、春物衣料が稼働したが、撤退したブランドの売上減が影響し前年を割り込んだ。EC通販は同27%増と好調に推移した。

 基幹ブランド別では、マッキントッシュ事業が前年比10%増、ポール・スチュアート事業が同20%減、エポカ事業が同6%減、アマカ事業が同11%減、エヴェックス事業が同7%減、ラブレス事業が同7%増だった。売り場は、ブランド終了に伴う120の売り場に加え、42の不採算売り場を閉店。新規で12売り場を出店し、6月末時点で1205の売り場となった。

 通期業績予想を修正した。売上高は625億円(前回予想630億円)、営業損失25億円(同30億円)、経常損失25億円(同28億円)、純損失13億円(同14億円)と赤字幅は縮小する見通し。また、8月末で「コトゥー(COTOO)」「イルファーロ(ILFARO)」の2ブランドの撤退を予定する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。