ビジネス

高島屋大阪店、インバウンド復調で売上高9%増 3~5月期

 高島屋の2017年3~5月期連結決算は、売上高に相当する営業収益が前年同期比2.8%増の2254億円、本業のもうけを示す営業利益が同5.1%増の80億円と増収増益だった。

 引き続き中間層の消費は厳しいものの、株高で富裕層の購買が堅調だった。さらに都心店では昨年末に増加に転じたインバウンド(訪日外国人客)消費が全体を引っ張った。関西国際空港へのLCC(格安航空会社)の増便で、インバウンドが急増している高島屋大阪店の売上高は同9.4%増の339億円になった。高島屋単体の既存店売上高も前年同期の実績を上回っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら