ファッション

高島屋が“手の届く”オーダースーツを始動、監修は干場義雅

 高島屋は干場義雅「フォルツァスタイル(FORZA STYLE)」編集長監修の新業態「タカシマヤ スタイル オーダー サロン」を始動する。スーツ、シャツ、ネクタイ、靴、鞄などのオーダーを受け、「手の届きやすい価格」で「カスタマイズする楽しさ」を提供する売り場を目指す。価格帯は、スーツが4万9000円(生地400柄)から用意し、ロロ・ピアーナ(LORO PIANA)やエルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA)の素材を用いたものでも8万9000円と値ごろ感を重視。その他、シャツが9000円(生地300柄)~、ネクタイが1万円(生地50柄)~、靴が5万6000円(2素材10色)~、鞄が5万7000円(2素材15色)~。国内縫製にこだわり、スーツが約4週間、レザーグッズは約2カ月を要する。1号店は9月上旬に、大阪高島屋5階にオープンする予定だ。来年には、新宿、横浜、京都に開く。

 同業態がユニークな点は、3つのスーツスタイルをベースにしている点だ。従来の無数の選択肢の中から、消費者自身が最適な組み合わせを選ぶシステムは、消費者に一定の知識が求められていたが、同業態は「今感度な商品を手軽に」オーダーできることを目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら