ファッション

一般公募による新ブランド設立プロジェクト SNSで才能を発掘

 EC専業アパレルのネバーセイネバー(東京、磐井友幸・齊藤英太CEO)は、求人メディアのREADY TO FASHION(東京、高野聡司・社長)との共同で、一般公募による新ブランド設立プロジェクト「オープン ブランド」を実施する。対象はインフルエンサーとして自身の活動を積極的に発信している人。ウェブ選考や役員プレゼンを経て選ばれた人の企画を事業化する。

 READY TO FASHIONの特設サイトで6月21日から7月17日まで募集している。まずウェブでのプロフィール選考でSNSアカウントや紹介文、ポートフォリオなどを総合的に判断して10人を選抜。あるいは、作りたいブランドの世界観をインスタグラム上に「#openbrand」のハッシュタグを付けて投稿した応募者の中からいいね数の上位5人を選抜する。その後、最終選考のネバーセイネバーの役員陣へのプレゼンを経て決定する。選ばれた人は同社の持つ生産背景やオンラインショップの支援を受けて、ブランドを立ち上げることになる。

 同プロジェクトの狙いについて同社は「従来の企業が一方的に情報を提供することでファッションを作っていくプロセスだったのに対し、近年はSNSを通じた発信によってファッションが形成されているというソーシャルの流れがある。ファッション業界が個人と協力できる可能性を提示し、業界での新たな取り組みを見出したい」としている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら