ファッション

老舗デニムブランド「ステュディオ・ダ・ルチザン」が恵比寿店をオープン

 日本のデニムブランド「ステュディオ・ダ・ルチザン(STUDIO D'ARTISAN)」は、国内4店舗目となる直営店「ステュディオ・ダ・ルチザン」恵比寿店を7月28日オープンした。

 「半世紀以上前からモノ作りに携わっており、“日本デニム”が生まれた瞬間も目撃した(初の国産デニム生地「KD-8」は1972年、クラボウによって開発された)」と、開店に合わせて本社のある大阪から上京した藤川由典ステュディオ・ダ・ルチザン・インターナショナル社長。

 「1979年に『ステュディオ・ダ・ルチザン』をスタートさせて以降、一貫して変わらないのは“誠実なモノ作り”。中国、香港、台湾、タイなど、アジア向けの売り上げは2011年度に比べ、5年間で11倍に成長しているが、特別なアジア対策はしていない。アジア市場にもある程度、日本デニムがいきわたり、その中で『ステュディオ・ダ・ルチザン』の誠実なモノ作りが信頼を得た結果だと分析している」。

 「ステュディオ・ダ・ルチザン」恵比寿店ではオープンを記念して5000円、1万円、2万円、3万円、4種類のラッキーバッグ(福袋)を販売。また来店者に先着でオリジナルのクリアファイルとボールペンをプレゼントする。

■「ステュディオ・ダ・ルチザン」恵比寿店
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-16-3
営業時間:11:00~20:00
定休日:無休

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら