ビジネス

三陽商会2016年度決算 「バーバリー」ショックで84億円の営業損失

 三陽商会の2016年度決算は、15年6月末に契約終了した「バーバリー(BURBERRY)」の売り上げが全くなかった最初の年になるが、売上高が前期比30.6%減の676億1100万円、営業損失は84億3000万円、経常損失は81億9600万円、当期純損失113億6600万円でいずれも過去最悪だった。

 昨年7月に期初予想の下方修正を行い、売上高700億円、営業損失68億円、経常損失66億円を見込んでいたが、売り上げは未達、赤字幅も拡大した。昨年末に大規模なリストラを行った影響で販管費は11.7%改善し、366億6000万円だったが、「売り上げ不振をカバーするにはいたらなかった」(松浦薫・代表取締役兼経理財務本部長)。新ブランドがスタートし、中止ブランドの在庫評価損(合計約28億円)を計上したこともあり、売上総利益率は前期に比べて7.5ポイント低下し41.8%だった。17年度は「不採算ブランド、不採算品の整理が上半期で終わり、下半期はかなり改善が期待できる」(岩田功・社長)見通し。売上高630億円(前期比6.8%減)、営業損失30億円を見込む。

【関連記事】
■三陽商会、直営店とECに投資 新中計を策定
■三陽商会、新社長に岩田功・取締役 杉浦社長は退任
■三陽商会、新たに5ブランドの廃止を発表
■三陽商会が約250人のリストラ
■正念場を迎える三陽商会とルック 「バーバリー」「トリー バーチ」終了後の今

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。