ファッション

「サカイ」からユニセックスのサングラス 「ネイティブ サンズ」とコラボ

 阿部千登勢による「サカイ(SACAI)」は8月31日、サングラスブランド「ネイティブ サンズ(NATIVE SONS)」とコラボレーションしたユニセックスのサングラス“ネイティブ サンズ / サカイ”を発売する。

 デザインは、スクエア、ラウンド、キャットアイの3型で、それぞれブラック(ブラック×ネイビー)、ブルー(ブルー×べっ甲ブラック)、ブラウン(オレンジ×べっ甲ブラウン)の3色をそろえる。ブランドの代名詞である異なる要素の掛け合わせ“ハイブリッド”を色のミックスで表現した。いずれも単品(3万8000円)と、バタフライクリップが付属したモデル(5万8000円)をラインアップし、サカイの直営店と「ネイティブ サンズ」取扱店で販売する。

 キャンペーン写真は、クレイグ・マクディーン(Craig Mcdean)が撮影し、ファビアン・バロン(Fabien Baron)がアート・ディレクションを担当。 モデルにはジョナス・グロール(Jonas Gloer)とジュリア・ノビス(Julia Nobis)を起用した。

 「ネイティブ サンズ」は、トミー・オガラ(Tommy O'Gara)による日本発のアイウエア・アクセサリーブランド。ハンドドローイングによるオリジナルデザインをはじめ、高品質な素材とハンドクラフトにこだわって生産している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら