ファッション

RHC ロンハーマン初の「トム フォード アイウエア」限定モデルを発売

 サザビーリーグが運営するセレクトショップ、RHC ロンハーマン(RHC RON HERMAN)は、初となる「トム フォード アイウエア(TOM FORD EYEWEAR)」の限定サングラスモデルを7月13日にRHC ロンハーマン7店舗(みなとみらい店、大阪店、七里ヶ浜店、豊洲店、川崎店、名古屋店、福岡店)とロンハーマンの「R」セクション5店舗(千駄ヶ谷店、二子玉川店、辻堂店、福岡店、京都店)で発売する。価格は5万1000円。

 同サングラスは「トム フォード アイウエア」の“FT0625-F”モデルをベースにしたウエリントンタイプで、大きめのフラットレンズを採用した。テンプルはクラシックな細めのメタル素材を使用し、フロント、レンズ、テンプルカバーはオリジナルカラーで、クリアなフレームに合わせてシルバーに統一した。

 「トム フォード アイウエア」はイタリアの大手眼鏡企業マルコリン(MARCOLIN)が手掛けており、日本総代理店はビジョナリーホールディングスの子会社ヴィジョナイズが務めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら