ファッション

「サカイ」2019-20年秋冬メンズは“人種のるつぼ”がキーワード

 「サカイ(SACAI)」は2019-20年秋冬メンズと19年ウィメンズ・プレ・フォールで、 “人種のるつぼ”をキーワードにしたコレクションを発表した。

 Tシャツとパーカのグラフィックには、“Melting pot”の波打ったロゴをはじめ、阿部千登勢デザイナーが学生時代に刺激を受けたというロンドンのバーの「バー イタリア(Bar Italia)」とのコラボレーションもラインアップする。フードの袖やTシャツの背中には、“るつぼ”にちなんだ“壷”のグラフィックプリントが施されているのがポイント。男性も女性も着用できるサイズをそろえる。価格はTシャツ1万6000〜2万円、パーカ2万9000〜4万7000円。

 アクセサリーでは、パンクファッションやロシアの民族衣装など、異文化の要素をハイブリッドにした。花柄のジャカード、ペイズリー、アニマルプリントなどのさまざまな生地をコラージュしたスカーフ(2万〜2万3000円)、パンツのベルトループに引っ掛けて使う人工ファーのエプロン(2万6000円)、人工ファーのキャップ(3万7000円)などがそろう。サングラスブランド「ネイティブ サンズ(NATIVE SONS)」との初のコラボレーションのユニセックスのアイウエアも扱う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら