ファッション

ディーゼル アート ギャラリーでマッド・ドッグ・ジョーンズが世界初となる個展を開催

 「ディーゼル(DIESEL)」は8月30日から11月14日まで、ビジュアルアーティスト、マッド・ドッグ・ジョーンズ(Mad Dog Jones)の世界初となる個展“アフターライフ・ワールド(AFTERL-IFE WORLD)”をディーゼル アート ギャラリー(DIESEL ART GALLERY)で開催する。また、9月7日にサイン会も開催する。

 ジョーンズはこれまで、作品の発表の場をインスタグラムに限定しており、世界観を間近で感じることができる貴重な機会だ。また、同展では15点以上の新作を展示販売するほか、Tシャツなどの関連グッズも販売する。

 ジョーンズの作品は、故郷カナダの大自然をクリエイション源に、日本のアニメや映画、サイバーパンクからインスピレショーンを得ており、自然美を逆説的に表現した作品を生み出している。サイバーパンクと大自然の相反する要素を巧みに融合し、柑橘系の色彩やネオンカラーを使用して人工的で無機質なテクノロジーを現代風に変換する。

 ジョーンズはカナダのビジュアルアーティストで2017年に活動をスタート。音楽とアートをつなげ、マルーン5(Maroon 5)、トリッピー・レッド(Trippie Redd)、クローメオ(Chromeo)など数多くのバンドのアートワークを製作してきた。

■AFTERL-IFE WORLD
日程:8月30〜11月14日
時間:11:30〜21:00
場所:DIESEL ART GALLERY
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti DIESEL SHIBUYA B1階
入場料:無料

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら