ニュース

オタク × ストリートカルチャーの若き漫画家JUN INAGAWAが初個展を開催

 エイサップ・バリ(A$AP Bari)の「ヴィーロン(VLONE)」とのコラボをはじめ、ストリートシーンで注目を集めている漫画家でアーティストのJUN INAGAWAが、初となる個展「魔法少女DESTROYERS(萌)」を「ディーゼル(DIESEL)」渋谷店地下1階に併設されるディーゼル アート ギャラリー(DIESEL ART GALLERY)で開催する。会期は3月1日から5月23日までで、入場料は無料。

 1999年生まれのJUN INAGAWAは幼い頃から漫画を描き、2012年にアメリカ・サンディエゴへ移住しアーティストとしての活動をスタート。オタク文化とストリートカルチャーをミックスさせた作品をインスタグラムに投稿して話題を集め、昨年だけでも「ヴィーロン」や「ディーゼル」、エイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)率いるクリエイティブチームAWGEとコラボを果たしている。現在は活動拠点を日本に移して漫画家を目指す傍ら、ラッパーのKvi BabaのEPなどミュージシャンのアートワークを手掛けたり、“魔法少女まざーふぁっかー”としてDJをしたりと、多岐にわたって活躍している。

 個展では、架空のテーマ“「二次元排除法」により排除されたアニメ、ゲーム、フィギュア、二次元嫁、日本のサブカルチャーであるオタク文化を取り戻すべく作られた魔法少女たちが戦うストーリー”を掲げて描いた20点以上のイラストを展示・販売する他、Tシャツや缶バッジなどのグッズも取り扱う。また30日の15〜18時には会場でサイン会を行う予定だ。

■魔法少女DESTROYERS(萌)
日程:3月1日〜5月23日
時間:11:30〜21:00
場所:DIESEL ART GALLERY
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16
入場料:無料