ファッション

「ディーゼル アート ギャラリー」が写真家RKの個展をバーチャルで再び開催 新型コロナの影響で一時は中止に

 「ディーゼル(DIESEL)」が手掛ける東京・渋谷の「ディーゼル アート ギャラリー(DIESEL ART GALLERY)」は、ストリートフォトグラファーのRKによる個展「ネオリエント(NEOrient)」をオンライン上で体験できるバーチャルツアーを同ギャラリーの公式サイトで公開した。同個展は、2月28日〜5月21日に開催を予定していたが、新型コロナウイルスの影響により4月8日をもって中止となっていた。5月31日まで閲覧可能だ。

 バーチャルツアーでは、ギャラリーのエントランスから360度スクロールが可能で、作品を一つ一つ鑑賞することができるほか、ギャラリーを訪れたかのように展示風景を楽しんだり、レコード作品の音源を視聴したりすることができる。作品は、アーティストの村上隆、モデルのナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)、ラッパーのタイガ(Tyga)やナスティー・C(Nasty C)らを東京の街中で撮影したものをそろえた。

 RKはグラフィックデザイン会社に勤務するかたわら、2013年にランニングクルー「AFE TOKYO」の専属iPhoneフォトグラファーとして写真撮影をスタート。その後、一眼レフに持ち替え、本格的なフォトグラファーの道に進んだ。ストリート、建造物、自然などを幻想的な色彩で切り取るスタイルが注目を浴び、海外メディアでも取り上げられてきた。現在のインスタグラムフォロワー数は約51万人を抱える。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら