ファッション

「ギャルソン」 × 「ナイキ」の半透明“ダンク”が2モデル登場

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」とナイキ(NIKE)は5月14日、ナイキのスケートボードライン「ナイキ SB」の“ダンク ロウ(DUNK LOW)”をベースとした新作コラボスニーカー2型を発売する。

 “cdg”の文字をアッパー全体にプリントしたインパクトある総柄モデルとシンプルなモノトーンモデルはどちらも、「コム デ ギャルソン」2020年春夏パリコレクションのランウエイで披露されたもの。アッパーの大部分に“ネックスキン(NEXKIN)”と呼ばれる半透明のメッシュをレイヤードで使用しているのが特徴で、ヒールにはレザー素材を用いることで高級感を演出しているが、シューレースやシルエットは通常の“ダンク”同様の仕様となっている。

 メンズとウィメンズの展開で、価格は3万2000円。「コム デ ギャルソン」の青山店など一部店舗で取り扱うが、入店は新型コロナウイルス感染症のため予約制となっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら