ファッション

「ギャルソン」 × 「ナイキ」の半透明“ダンク”が2モデル登場

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」とナイキ(NIKE)は5月14日、ナイキのスケートボードライン「ナイキ SB」の“ダンク ロウ(DUNK LOW)”をベースとした新作コラボスニーカー2型を発売する。

 “cdg”の文字をアッパー全体にプリントしたインパクトある総柄モデルとシンプルなモノトーンモデルはどちらも、「コム デ ギャルソン」2020年春夏パリコレクションのランウエイで披露されたもの。アッパーの大部分に“ネックスキン(NEXKIN)”と呼ばれる半透明のメッシュをレイヤードで使用しているのが特徴で、ヒールにはレザー素材を用いることで高級感を演出しているが、シューレースやシルエットは通常の“ダンク”同様の仕様となっている。

 メンズとウィメンズの展開で、価格は3万2000円。「コム デ ギャルソン」の青山店など一部店舗で取り扱うが、入店は新型コロナウイルス感染症のため予約制となっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら