ニュース

レベッカ・ミンコフがビューティ事業を開始

 ニューヨークブランド「レベッカ ミンコフ(REBECCA MINKOFF)」共同創設者兼クリエイティブ・ディレクターのレベッカ・ミンコフは、プレミアム グループ(THE PREMIERE GROUP)とビューティにおける長期ライセンス契約に向けて協議を進めている。

 プレミアグループによると、ミンコフの初めてのフレグランスは2020年秋に発売する予定だ。「レベッカ ミンコフ」は、ハンドバッグ、アクセサリー、フットウェア、アパレル、アイウエア、トラベルバッグ、テックアクセサリー、スイムウエアを展開している。

 ミンコフは、始めにフレグランス事業を立ち上げるが、プレミアグループとの契約は、複数年にわたる長期ビューティライセンス契約だ。パフューム センターオブ アメリカ(Perfume Center of America)の子会社の同社は、ブライダルウエアのモニーク・ルイリエ(MONIQUE LHUILLER)を展開するアメリカ人デザイナーのモニーク・ルイリエとライセンス契約を結んだばかりだ。モニーク・ルイリエも20年にフレグランスを発売する予定だ。

またミンコフは、米ネイルブランドの「エッシー(ESSIE)」グローバル カラー デザイナーを務めている。2012年のニューヨーク・ファッションウィークでミンコフがショーで度々エッシーのネイルが使用してきたことから就任に至った。