ビジネス

「グッチ」からミケーレが監修する初のフレグランス誕生

 「グッチ(GUCCI)」は8月にアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターが監修する初の香水「グッチ ブルーム(GUCCI BLOOM)」を発売する。同商品は、ブランドの香水ラインアップの新たな柱として、香水ビジネスのライセンシーであるコティが手掛ける主要シリーズ「ギルティ」「バンブー」「フローラ」「グッチ バイ グッチ」に加わる。

 巨匠であるアルベルト・モリヤス(Alberto Morillas)調香師と協業した香りは、フローラル調。天然のサンバックジャスミンやチューブローズ、オリスに加え、インドで特別に栽培されたシクンシで構成された。コティのエドガー・フーバー(Edgar Huber)=コティ ラグジュアリー部門プレジデントは、「香りと美学の双方の観点において、『ブルーム』はこれまでローンチした香水とは異なる。その香りは、開発に深く関わったミケーレ自身から強くインスピレーションを得ている」とコメント。また、「『ブルーム』にはいくつもの個性があるが、大きなトレンドであり、最も重要な香りであるフローラルカテゴリーの一つという位置付け。ミケーレの新たなラグジュアリーと新たなラグジュアリー顧客へのビジョンを強く反映している」と語った。

 ビンテージ風のパウダーピンクの四角いボトルは、漆塗りの磁器製で白と黒のシンプルなラベル付き。外側のパッケージには、ミケーレが再解釈した「グッチ」の伝統的なモチーフである、赤と白の植物柄がプリントされている。価格は30mLが70ドル(約7700円)、50mLが92ドル(約1万円)、100mLが125ドル(約1万3000円)。約2万の売り場で販売する。

 フーバー=コティ ラグジュアリー部門プレジデントは、同商品の初年度売上高についてはコメントを控え、「世界でトップ10入りするフレグランスになるだろう」と述べた。業界筋によると、「グッチ」の香水のグローバルでのビジネス規模は6億ドル(約666億円)とされており、すでにプレタポルテとアクセサリーで業績を伸ばしているミケーレがビューティカテゴリーに参画することにより、さらに香水の売り上げが飛躍するとみられる。

 なお、公式のローンチに先駆けて、「グッチ」と米百貨店のサックス・フィフス・アヴェニューの公式オンラインサイトでは、5月10日から1000個限定で先行販売を行う。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら