ファッション

アナ・ウィンターをネタにしたコメディー上演 制作者「アナとはエレベーターで会ったことがある」

 米コメディアン兼俳優のライアン・ラフタリー(Ryan Raftery)が、米「ヴォーグ(VOGUE)」誌の名物編集長アナ・ウィンター(Anna Wintour)を題材としたミュージカルコメディー、「アナ・ウィンター・ミュージカル(The Anna Wintour Musical)」を9月4~5日にニューヨークのショーレストラン「ファインスタインズ/54ビロー(Feinstein’s/54 Below)」で再演する。

 ラフタリーによれば、キャリアの転機となった同ミュージカルの初演から5周年を記念して再演を決定したそうだが、実はアナ本人には数カ月前にエレベーターで偶然会ったことがあるだけだという。「こんにちはと挨拶をしたら、手元のスマートフォンから顔を上げて『どうも』と言ってくれたので、僕が誰なのかを分かってくれたのだと思う」と冗談交じりに語る。「アナはLGBTQの若者の自殺防止に力を入れている非営利団体トレバー・プロジェクト(The Trevor Project)のチャリティーオークションにサングラスを寄付してくれたので、そのことに対する感謝の気持ちを伝えたら、彼女が『どういたしまして』と答えたところでエレベーターが1階に着いた」。

 映画「プラダを着た悪魔(原題:The Devil Wears Prada)」に登場する鬼編集長のモデルとなった人物といわれ、“氷の女王”の異名を持つアナらしい、実にあっさりとしたやりとりだ。しかしアナは、初演時にかなり話題となった「アナ・ウィンター・ミュージカル」に対しても、自身をパロディー化したほかのコメディー番組などに対してもこれまで訴訟を起こしていないので、意外とジョークが通じる相手なのかもしれない。

 ラフタリーはアナのほかにも、マーサ・スチュワート(Martha Stewart)やカルバン・クライン(Calvin Klein)についてのコメディーを上演しており、将来的にはドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の長女、イヴァンカ・トランプ(Ivanka Trump)を題材にしたいと話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら