ニュース

経営難の米「スリードッツ」を米アパレルメーカーが買収

 「エディー バウアー(EDDIE BAUER)」などを擁する米アパレルメーカーのファムブランズ(FAM BRANDS)は、業績不振のため4月に債権者向けの財産譲渡手続きに入っていた米カジュアルブランド「スリードッツ(THREE DOTS)」を買収した。取引の詳細は公開されていない。

 フランク・ザラビ(Frank Zarabi)=ファムブランズ最高経営責任者(CEO)は、「『スリードッツ』は上質な素材と抜群のフィット感が人気のブランドで、あらゆる年齢層にマッチする製品を提供していた。できる限り早く製造と営業を再開し、同ブランドの発展を目指して尽力したい」と語った。同社は主に相手先ブランドの企画・生産を行うODM企業で、「エディー バウアー」のほかにも「マリカ(MARIKA)」や「オービス(ORVIS)」などのスポーツウエアやアクティブウエアブランドを傘下に収めている。今回の買収に当たっては「スリードッツ」の主なスタッフ数人を採用しており、今後のデザインや製造はファムブランズが行うという。

 「スリードッツ」は1995年、「フィットやクオリティーで満足のいくTシャツを作るため」にシャロン・ルボン(Sharon Lebon)創業者兼CEOがロサンゼルスで設立。上質な素材で作られた、シンプルで洗練されたカジュアルウエアがハリウッドセレブやモデルなどに支持されて人気が広まった。閉店前には、米百貨店ブルーミングデールズ(BLOOMINGDALE'S)など米国やカナダ、ヨーロッパ、オーストラリア、アジアの小売りで販売されていた。今回の買収を受けて、現在同ブランドのECサイトは再開されている。

 なお、日本では八木通商が昨秋、既にアジア4カ国(日本、中国、韓国、台湾)での商標権を取得しており、従来通り日本国内においてコレクションの発売と店舗運営を図って行く。東京・青山に旗艦店を構えている。