ニュース

ルックHDが伊「イルビゾンテ」を約109億円で買収 

 ルックホールディングス(HD)は12日、革製品ブランド「イルビゾンテ(IL BISONTE)」を展開する伊ビゾンテ・イタリア・ホールディングス社(BISONTE ITALIA HOLDINGS)の全株式を取得すると発表した。買収価格は約109億円。7月1日に持分譲渡の実行を予定する。ルックHDは日本で「イルビゾンテ」を成功させた手腕を生かし、グローバルでの同ブランドの発展を目指す。

 伊ビゾンテ社はレザーバッグ、キャンバスバッグ、財布、小物を中心としたハンドメイドの商品を主にイタリアで生産し、欧州や北米、アジアで販売している。2018年12月期の業績は売上高3518万5000ユーロ(約42億円)、営業利益175万ユーロ(約2億1300万円)。

 ルックHDは1999年から日本における独占輸入販売権を取得し、直営店やECで販売してきた。現時点で直営店は約41店舗。国内事業の売上高は公開していないが「当社グループの中で最大規模の収益事業」(同社)としている。

 ルックHDは「マリメッコ(MARIMEKKO)」「アーペーセー(A.P.C.)」「レペット(REPETTO)」「アリス アンド オリビア(ALICE + OLIVIA)」など多くの海外ブランドを手掛けているが、本社を買収するのは初めて。23年を最終年度として中期経営計画では、効果的な主力事業への投資による収益基盤の確立を掲げている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら