ファッション

ルックHD、営業利益予想を2倍に上方修正 1〜6月期、夏物売れる

 ルックホールディングス(HD)は4日、2022年1〜6月期の連結業績予想を上方修正した。修正後は売上高が260億円(修正前は240億円)、営業利益が17億円(同8億円)、純利益が13億円(同7億円)と予想する。

 国内事業では外出制限がなくなった4月以降、来店客数が増加して、主力ブランドである 「マリメッコ(MARIMEKKO)」「イルビゾンテ(IL BISONTE)」「アーペーセー(A.P.C.)」などがよく売れた。韓国を中心とした海外事業も好調に推移した。特に夏物商品が活発に動き、粗利益率の改善に寄与した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら