ファッション

「アー・ペー・セー」のゴルフウエアが9月に国内1号店 韓国で好調

 ルックホールディングスは、「アー・ペー・セー(A.P.C)」から派生したゴルフウエアの新ブランド「アー・ペー・セー ゴルフ(A.P.C GOLF)」の国内展開を2022-23年秋冬にスタートし、1号店を高島屋新宿店9階ゴルフメゾンに9月オープンする。すでに韓国で先行して22年春夏にブランドを立ち上げ、2店舗(江南、光州)を構えた。いずれも非常に好調なすべり出しという。

 「アー・ペー・セー」のミニマルなデザインを基調としながら、ゴルフシーンに必要とされるストレッチ性やポケットなど機能性を付加。22-23年秋冬はメンズ・ウィメンズ合わせて約100型の商品展開を予定する。価格帯はカットソー、ポロシャツが3万~4万5000円、アウターが6万3000~12万円、ボトムスが4万3000~6万3000円、キャップ、グローブ、キャディーバッグ、ヘッドカバーなどのアクセサリー類が6000~12万円。企画・生産はすべて韓国の現地法人アイディールックが担う。

 国内の他のゴルフウエアブランドと比較しても高価格帯に位置するが、「ブランドならではのデザイン性に加え機能性、(出店数を絞ることによる)希少性で差別化していきたい」と古閑秀幸A.P.C JAPAN仕入販売課仕入担当。「アー・ペー・セー」の店舗では取り扱わず、単独店を出す。23年12月期中には国内主要都市の百貨店をはじめ商業施設に数店舗の出店を計画する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら