ファッション

デサントがゴルフ4ブランドを集めた旗艦店 銀座に19日オープン

 デサントは19日、東京・銀座の並木通りに旗艦店「デサントゴルフ コンプレックス銀座(DESCENTE GOLF COMPLEX GINZA)」を開いた。2018年4月から営業していた「マンシングウェア クラブハウス銀座」を全面改装し、「マンシングウェア(MUNSINGWEAR)」だけでなく、「デサント(DESCENTE)」「ルコックスポルティフ(LE COQ SPORTIF)」「ランバン スポーツ(LANVIN SPORT)」まで同社の4ブランドをそろえる。3フロアで売り場面積は約330平方メートル。3年後に売上高2億円を計画する。

 1階にもっと勢いのある「デサント」を置き、並木通りの歩行者にアピールする。「マンシングウェア」「ルコックスポルティフ」「ランバン スポール」はメンズを2階、ウィメンズを3階に並べて、落ち着いた空間でじっくり選べるようにした。

 18年に「マンシングウェア クラブハウス銀座」開店した際は、売上高に占める訪日客の割合が4割に達していた。コロナで訪日客は消失したものの、3密を避けたレジャーとしてゴルフ人気が高まっている。「並木通りは20〜30代のお客さまが多く行き来する」(同社)ことに着目し、若い女性の支持が高い「デサント」をはじめとした複数ブランドの旗艦店として再スタートを切ることになった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら