ファッション

「ベースマーク」念願の大舞台、明るい未来を示す「マラミュート」 記者3人が選ぶ“今日の東コレダイジェスト”

 2022-23年秋冬シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、RFWT)」が3月14〜19日まで開催中。ここでは、記者3人がその日に発表したブランドから面白かったブランドを“今日の東コレピックアップ“と題してダイジェストでリポートします。5日目は、初のリアルショーに挑んだ「ベースマーク」や、2年ぶりに東コレにカムバックした「マラミュート」などが登場!


東コレ取材4シーズン目
編集部 美濃島
「ベースマーク(BASE MARK)」

見どころ:金木志穂デザイナーが手掛ける「ベースマーク」が、初のファッションショーを開催しました。テーマは“シュルレアリズム“。「洋服を脱ぎ着していて、首や肩腕だけが服に入っているときに人と目が合うのってシュールだな」との気付きから、首周りでシャツやニット、コートなどをドッキングさせたデザインを考案しました。そこに、ブランドの軸であるレイヤードを盛り込みました。虫やおばけのようにも見えるウネウネしたディテールは、「見る人の想像を掻き立てるための柄」で、特に正解はないのだとか。クラシカルなテーラードが得意なイメージでしたが、パーカやずきん風キャップなどのカジュアルアイテムの提案や、モチーフも面白くて、良い意味で裏切られました。ショー直後に金木デザイナーが語った、「想像以上に緊張しましたが、みんなで力を合わせて一つの舞台を作り上げるのが本当に楽しかった。これは中毒になりますね」というコメントにも胸が熱くなりました。


東コレ取材初参加
編集・記者 竹内
「レインメーカー(RAINMAKER)」

見どころ:多くのブランドがリアルショーを行う中、「レインメーカー」は先シーズンに引き続きオンラインでのコレクション発表を行いました。今回、同ブランドが会場に選んだのは京都にある舞鶴赤れんがパーク。降りしきる雪の中、城壁のようにそびえ立つ倉庫群を背景に、モデルたちが力強くランウエイを闊歩します。ベルテッドのロングコートや美しいスカート、しなやかなシルエットのパンツなど、どれも端正でエレガントなテーラリング。そして、フォトグラファーの水谷太郎さんがディレクションした幻想的な映像美にも引きこまれます。メイクは数々の女性誌で活躍している巨匠UDAさんが担当。モデルたちの“芯の強さ”を引き出す同氏のクリエイションとロケーションが共鳴していました。


東コレ取材は10年目
ファッションリポーター大杉
「マラミュート(MALAMUTE)」

見どころ:小高真理による「マラミュート」が東コレにカムバック!ニットウエアを主力にするウィメンズブランドで、今季は「東京ファッションアワード」の受賞者として2年ぶりとなるランウエイショーを開催しました。コロナ禍で行動が制限される中、この2年間はより家の中で心地よく過ごせる服作りを心掛けてきたそうです。でも今日のショーは“Out Of Action”をテーマに、いよいよ“外に出るぞ”という思いが込められました。ゴールドやシルバーのラメ糸をはじめ、ビビッドなグリーンやイエロー、ピンクの差し色を用いて、街中で目を引きそうなウエアがたくさん。裾にフリンジを加えたドレスやほつれた糸が飛び出すダメージデニム風のニットパンツなど、動くたびに揺れる服も一目で心が掴まれます。会場にはたくさんのゴールドの風船が並べられ、その中をモデルたちが通り抜けるという演出もロマンチック。外出が楽しみになりそうな素敵なウエアばかりで「この服を着ていたらいい出会いがありそう」――そんな予感にさせてくれそうです。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。