ファッション

オンワードHD営業利益75%増、3〜5月期

 オンワードホールディングス(HD)の2022年3〜5月期連結業績は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比74.8%増の20億円だった。行動制限の緩和によって店舗に客足が戻り、オンワード樫山などの中核企業の業績が回復した。値引き抑制に努めるとともに、一連のOMO(オンラインとオフラインの融合)施策が収益の改善に寄与した。

 売上高は同3.2%減の445億円。ただ、売却したイタリア事業やグアム島のホテル事業、オンワード樫山の複数閉店の影響を除くと、58億円の増収になる。値引き抑制やOMO施策による在庫の一元管理が奏功し、粗利益率は3.8ポイント改善したため、営業利益は大幅増益になった。

 純利益は同11.5%減の18億円。前年同期は固定資産の売却による特別利益を計上していたため、その反動で最終減益になった。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。