ファッション

伊勢丹新宿本店の売上高が統合後で過去最高 4〜6月期、富裕層けん引

 三越伊勢丹ホールディングスは1日、基幹店の伊勢丹新宿本店の2022年4〜6月期の売上高が、三越と伊勢丹の経営統合(2008年)以降で同期間として過去最高になったと発表した。訪日客による免税売上高はまだ回復していないものの、国内の外商を中心とした富裕層の消費がけん引した。

 22年4〜6月期の伊勢丹新宿本店の売上高は、前年同期比39.8%増の725億円だった。前年の同時期は緊急事態宣言による休業を強いられていたため、反動増ではね上がった。だが、それ以上に外商を中心とした富裕層の購買が活発で、訪日客の減少や国内中間層の回復鈍化をカバーした。ラグジュアリーブランドや宝飾品、時計などの高額品がよく売れた。「伊勢丹新宿本店の付加価値の高い品ぞろえが支持された」(同社)と分析する。

 同社は1日に発表した22年4〜6月期の連結業績は、総額売上高が前年同期比23.7%増の2428億円、売上高が同14.7%増の1016億円、営業損益が39億円の黒字(前年同期は60億円の赤字)、純損益が56億円の黒字(同86億円の赤字)だった。伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店といった首都圏の百貨店事業の業績が回復した。

 百貨店事業の利益改善を受けて、通期(23年3月期)の営業利益予想を上方修正する。修正前に比べて30億円増の170億円を見込む。総額売上高は当初予想の1兆500億円を据え置く。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら